1年間で7,000人の動員をしたキャンセル待ち続出の人気講話。

あなたは我が国日本が【いつ・どこで・誰が・どのように】作ったのか知ってますか?

答えられる人は殆どいません。

あなたは日本人ですか?

この事を恥ずかしいと思いませんか?

 

なぜ、そんなに人気があるのか?

 

これまでに参加された人は神主、僧侶、人財コンサルタント、教師、保育士、保育園の理事長、ヒーラー、行動心理学の講師、テレビプロデューサーなどなど…

その殆どの人が

『腑に落ちた』『全ての根源はここにある』

『これまで受けたどんなセミナーより良かった』など沢山のお言葉を頂いおります。

 

講話では下記の内容をお伝えいたします。

それが古事記に学ぶ講話です。

古事記には神々が我が国日本をどの様な【想い】で作ったのか?

 

また、未来の私たち子孫にどの様な【願い】で作られたものなのか、描かれています。

 

そこには私達日本人の【おもいやり】や【おもてなし】が、なぜ美徳となったのか、記されています。

 

世の中を支配し、繁栄するだけの社会を作るのではなく、平和で繁栄し続ける社会を実現する為に力を合わせ、皆んなで社会を作る考え方が根付いています。

しかし、2678年間で作り上げたその考え方も、わずか70年たらずで失われようとしています。

 

私達祖先が一番大切にして来た事、そして、今の私たちに一番足りないもの。

 

その日本人らしさを共に学びましょう。